ラウンダーに調査を依頼する場合のメリットとは

レジの種類

お会計時にレジを通して商品を購入しますが、そのレジにはキャッシュレジスターとPOSレジというものがあります。その2つの違いについて何が違うのかわからないという方も多いのではないでしょうか。それぞれの違いについてご紹介します。

キャッシュレジスターとPOSレジの比較

キャッシュレジスター

キャッシュレジスターは、お金を出し入れするドロアや商品の計算が終わった際に発行されるレシートの発行機器が付いているもののことをいいます。近年ではさまざまな機能が導入されており、お客様のお会計時になくてはならないものになっています。

POSレジ

コンビニなどで導入されているPOSレジにはタブレット型のものもあり、スペースも取らないというメリットがありますが、POSレジの特徴といえばリアルタイムでのデータ集計や管理などができるという点ではないでしょうか。ネットワークにつながっている環境なら、タブレットを使用すればどこでもその情報を見ることができます。

さまざまな調査

電子機器がROHS規制に引っかかっていないか調べるにはROHS分析を行う業者に調査を依頼したり、使用している製品に不具合があったらそのメーカーに調査を依頼したりなど、さまざまな調査方法があります。調査を行う業者の中に、ラウンダーという仕事もあります。自社の製品を置いてある取引先の情報の調査を依頼する際にラウンダーに頼むこともできるのです。
ラウンダーに調査を依頼するメリットを3つご紹介します。

ラウンダーに調査を依頼するメリット

費用を削減することができる

ラウンダーを雇ったら、1人1人の担当するエリアを狭めて設定しましょう。そうすることにより、移動がスムーズにできるため時間や移動費を掛けずに各エリアの調査をしてもらうことができます。

店舗と良好な関係を築くことができる

ラウンダーには朝の10時~16時の間に働いてもらうようにしましょう。この時間帯は各店もそれほど忙しくないので、調査をスムーズに行うことができます。店舗の担当者の方とゆっくりと話をすることができるので、仲を深めることもでき、よりよい関係を築くことができます。

新たなお客様を獲得することができる

ラウンダーに新規の営業を依頼することで、新たなお客様を獲得することができます。また、既に取引を行っている店舗でも新しいサービスを契約したり、今取り扱っている品の注文を追加で受けたりなど、売上向上に繋げることができます。

[PR]

ROHS分析を利用して有害物質の有無をチェック!
検査料金やプランを詳しく解説!

ラウンダーサービスを提供してる業者を要チェック!
得意様に効果の高い営業を行ないたいなら必見!

レジアウトソーシング業者を利用
お店の回転率を大幅アップ☆

条件に合った電話代行業者を見つけよう
優良業者の特徴を徹底比較☆

開業するにあたって必要なもの

レジ

開業するにあたって電子機器を揃える際に注意すること

電子機器を揃える際に注意しておくべきものに、ROHS指令というものがあります。こちらは有害な化学物質の使用を禁止する目的で発動された指令ですが、開業してレジやその他の電子機器を揃える際は、このROHS分析が行われた環境に害のない機器を使用するようにしましょう。レジを購入する際はタブレット型のものがおすすめです。

飲食店におすすめのタブレット型レジの機能

タブレット型のレジは、コストを抑えることができたり、デザイン性も良く、たくさんのお店が導入をしています。そのタブレット型のレジが活躍する業種に、飲食業があります。タブレット型のレジは業種やお店の形態に合わせて機能をカスタマイズすることができますが、この機能にオーダーエントリーシステムや座席管理票などがあります。このような機能を選ぶことで飲食業の経営を円滑にすることができます。

小売業におすすめのタブレット型レジの機能

小売業には、アパレル関係のお店やドラックストアなどがあります。このような小売業には商品の在庫管理や棚卸し作業があるので、品物の管理がとても大変です。しかし、タブレット型のレジには在庫管理機能があるため、その機能を利用することで在庫を多く抱えてしまうなどのトラブルを防ぐこともでき、商品の管理がとても楽になります。