タブレット型のレジの利点|企業がラウンダーを雇うことで得られる3つのメリット

タブレット型のPOSレジを使用して効率よく作業をする!

タブレット型のレジの利点

レジ

注目を集めるPOSシステム

レジとして使用するPOSシステムにはさまざまな種類があります。最近ではタブレットにも対応しているPOSレジが出てきたため、飲食店や小売店などから大きな注目を集めています。

タブレットPOSレジのコストについて

タブレットPOSレジは、タブレットのみで商品管理などを行うことができますが、レシート発行機器やドロアなどの周辺機器を揃える必要があるため、その分のコストがかかることも覚えておきましょう。

サポート体制に注目する

POSレジのシステムを運用できる方がいない場合は、POSレジを導入する前に、サポート体制が整っているのか確認しておくと良いでしょう。POSレジを運用できなければ導入した意味がなくなってしまうからです。

売上集計やレジ締め作業の時間が短縮できる!

タブレットPOSレジは、今まで手作業で記入していたその日の売上を記入せず自動で入力するよう設定することができるため、売上集計やレジ締めの作業が無くなり作業にかける時間を大幅に短縮することができます。

その他のタブレット型のPOSレジを利用する利点とは?

タブレット型のPOSレジは、導入することで時間の短縮ができること以外にもさまざまな利点があります。その利点について詳しく解説していきます。

タブレットレジを導入することによって得られる利点

費用を削減できる

タブレットを使用するPOSレジは、パソコンを利用するタイプのPOSレジよりも費用を削減することができるというメリットがあります。周辺機器などの導入がないため、初めにかかる費用を大幅に削減することができるのです。

スペースを取らない

従来のタイプのレジは、大きいサイズのものが多く置くスペースを広く取らなくてはいけませんでした。しかし、タブレットタイプのレジを使用することでそのタブレットのみか、それにプラスしてレシート発行機器などを置くだけなのでだいぶスペースを取らずにレジを導入することができます。

持ち運ぶことができる

タブレットタイプのレジは、タブレット端末の重さしかないため、軽々と持ち運ぶことができるというメリットもあります。他の場所へ移動してデータを確認したい際などにも役に立ちます。

操作しやすい

タブレットなので、スマートフォンなどと同じようにタップや指をスライドするだけで反応します。そのため普段スマートフォンを使用している方はとても操作しやすいレジになっており、操作にすぐに慣れることができます。

業種に合わせて機能を選ぶことができる

在庫の管理ができたり、顧客の管理を行うことができるPOSレジは小売店、スタッフのシフトを管理したり、お客様の座席の管理を行うことができるものは飲食店に利用できるなど、さまざまな業種に合わせてPOSレジの機能を選ぶことができるというメリットもあります。